小山田大のクライミング日記
Profile
Search this site.
Others
晴天2

今日も朝から晴天。
まずはアップでheldwandへ。
アプローチ2分、取り付きも平らで居心地の良いエリアだった。


移動してkaltewandへ。
ここでは「underneath everything」8c+、14cをトライ。
細かいカチとポケットを繋ぐテクニカルなライン。

 

 

これはムーブをやった後、なんと最初のトライで登れてしまった。
ちょっとびっくり。

 

夕方移動してschlumpfendolfへ。
ここでは「zootopia」8c+にトライ。
今年の春にアレックス・メゴスが初登した新しいルートだ。
上部に4段くらいのボルダームーブが出てきてそれが核心になっている。
これはムーブをバラしてトライするも暗くなり時間切れ、持ち越しになった。


明日はフランケンユーラの主であるマーカスブックとボルダーに行く予定。
楽しみ。

| - | 17:23 | comments(0) | このページのトップへ
晴天

朝から晴天。乾いた空気にぴりっと冷えた空気が心地よい。
天候の爽快さとはバランス悪く、体は二日間のクライミングでなかなかの重だるさ。
「今日どうしようか?」「休む」という答えを期待してパートナーに声をかける。
「登る!」元気な答えが返ってきた。
若いっていいなあ。。

 

Reichelsmuhler wandへ。
ここは昔、ホシナ君とも来たことがあるエリアだ。
綺麗な前傾壁に沢山のガバポケットが散らばり、グレードも易しいものばかりで楽しくアップできる。

 

ここでひとしきり登った後、以前雨の日にヌンチャクを残置したwolfberger grotteへ。
みわちゃんは目当ての13aをトライ。
僕は、まあやってみるかという感じで「the rebel metal the devil」14bをトライ。

 


やっぱり体は重い感じだったが3回目のトライで完登。
みわちゃんも登れて早々に撤収。

 

Vergessene weltへ。
みわちゃんは「metamorphose」13bを、僕は「penumbral solar eclipse」14bをトライ。
下部は13bでガバのレストの後にボルダーの3段のルーフが出てくるルートだ。

 

 

これは意外にもムーブをやった後、最初のトライで登れた。
この辺りからなんだか元気になってきて「metamorphose」を3回続けて登ってこの日は終了した。
朝の体の調子って当てにならないなあ。
ちょっとずつルート登りに慣れてきたようです。

| - | 19:24 | comments(0) | このページのトップへ
秋の訪れ

三日間降り続いた雨もようやく止み、それと共に本格的な秋もやってきました。

朝晩はかなり冷え込み、日中も20度を下回るようになりました。

 

昨日は雨の中岩場に出かけ僕はルートの偵察、美和ちゃんは前回惜しい感じだった「vogeln verboten」9+13aをトライ。
数回のトライで完登し、ドイツ初の9+完登に喜んでいました。

 

今日は朝から久々の好天。
レストの予定で岩場の偵察へ。
登らないつもりがなんとなく登りたくなり美和ちゃんがトライしていた13Bをトライ。
これはフラッシュ出来た。
体も動くようなので夕方から移動して「necronomicon」14Bをトライ。

ムーブをばらして最初のトライで登れた。

 

とりあえず今週中は天気が良いみたいです。

| - | 08:18 | comments(0) | このページのトップへ
雨の中

今日は朝から本降りの雨。
気温が下がってきたと喜んでいたのに、気分も下がった。
レストしようかどうか悩んだが軽く登ろうと出かけた。
まずはお馴染み食パン岩へ。
ここは雨の日でも登れる岩場だからか結構クライマーがいた。
軽くアップと美和ちゃんの結び替えの練習。
なんと彼女は結び替えを知らなかった。
まあ今どきの子は知らないか。
ちなみにフランケンユーラは結び替えで降りないといけないルートが多いので必須です。

壁の下と壁面は雨も当たらず快適に過ごせた。
むしろ気温が低いせいか岩のコンデションが良く感じた。
少し難しいルートもやりたくなり、トポで見つけた14aをトライしに車で移動。
15分程で到着。
「悪魔の庭」という名前のエリアだが、名前とは裏腹にこぢんまりとした可愛い岩場だ。
目当ての「friss oder stirb」14aは10メートル程のとても短いルートだ。
ムーブをばらして繋げ。


核心のポケット取りのムーブはちょっとトリッキーで面白かった。
リップから上は完全に濡れていて怖かったが。。


まだ時間があったので移動して「wolfsberger grotte」へ。
コンパクトだがなかなか迫力のある洞窟だ。
ここでは14bをトライ。
すぐにムーブは出来たがリップから上の終了点付近が完全に滝状態でどうにもならなかった。
面白いルートなので乾いたらまたトライしに来たい。

 

 

今日は一日中降っていたが意外に登れた。

雨は嫌だが、雨に濡れたユーラの森は本当に綺麗だった。

 

| - | 07:30 | comments(0) | このページのトップへ
8年ぶりの

無事フランケンユーラに辿り着きました。

景色は変わらず美しく、大家さんも懐かしい笑顔で出迎えてくれました。

しかし異常に暑い。
大家さん曰く今年は異常だそうです。
昨日は荷物を置いて早速食パン岩へ。
簡単なルートを沢山登り体を解しました。


今日は簡単なルートと今後の目標ルートの偵察。
とにかく暑くてハードなのはムーブすら出来ない感じ。

来週から気温が下がり始めるのでそれまでは簡単なルートで岩場慣れする予定です。

 



 

| - | 06:52 | comments(0) | このページのトップへ
明日から

2ヶ月間のヨーロッパツアーに行ってきます。

今度は8年ぶりにドイツ、フランケンユーラへ。
今回はルートをメインに考えています。

なぜ突然対象がルートになったかというと、下呂のプロジェクトをトライしていて、ボルダーの能力に加えてルート的な持久力も必要だと感じたからです。

なので、今回のツアーの先には下呂のプロジェクトを見据えています。

もちろんルートに対するモチベーションもあります。

ユーラには8年前にやり残した宿題もあるし、新しいハードルートも沢山出来ているようです。



ハードなルートを攻める感覚を取り戻せるかあまり自信はありませんが、頑張るつもりです。

久々のヨーロッパ、楽しんできます。
 

| - | 03:04 | comments(0) | このページのトップへ
あしまちゃんProject合宿

さて、今月の2日よりアシマちゃんがProjectで泊まり込みトレーニング中です。

5日から2日間かけた95度壁のホールド替えも手伝ってくれて課題も設定。
アシマちゃんらしい課題が出来ています。

アシマちゃん課題に興味のある方はトライしに来てみて下さい。

リニューアルした95度も楽しいですよー

 


 

| - | 02:57 | comments(0) | このページのトップへ
グッぼる セッション

さて、火曜日は彦根のクライミングジム「グッぼる」でセッション道場でした。

県内のみならず、この日のために県外からの参加もありました。

セッション中にも参加者は増え続け、大盛況の一日となりました。

 

初めてのグッぼるでしたが壁の形状が上手く考えられていて課題が作りやすかったです。

カフェやショップも充実していて、登らなくてもまた来たいと思わせるジムでした。

コーヒー美味しかったし。

 

また、テープ課題も数本作ってあります。

セッション中に作った課題もたくさんあるので興味のある方はぜひ足を運んでみてください。

 

| - | 19:13 | comments(0) | このページのトップへ
笠置山 リード

さて昨日から笠置に入っています。

今回はリードメイン。

 

今日は午前中は雨が降ったり止んだり。

お昼には上がったのでダメ元で岩場へ。

岩場の気温は24度、登れる気温なものの雨上がりのせいか猛烈な湿度。

まず大岩で辛うじて乾いていた簡単なルートを登り、アップを済ませ移動。

数年前にボルトを打ち、放置していたプロジェクトへ。

巨大なチョックストーンの一番被ったカンテを登ラインで短いがとても見栄えがする。

 

被っているので乾いていたが湿度が高く、ぬめった手で微妙なクリップをこなすのがかなり怖かった。

13cくらいかな、コンディションが良かったら感覚が変わるかも。

 

 

見た目の奇抜さやボルダームーブの連続、価値のある一本だと思います。

ルート名は「イェール」

 

その後、天気はどんどん回復してきて青空が見えるようになった。

再び大岩へ。

まだ登っていなかった「アノニマス」13a

これはフラッシュ出来た。

良いルートでした。

 

最後に時計塔周辺で軽く登り終了。

| - | 00:20 | comments(0) | このページのトップへ
最終 プロトタイプ

DSC_0018.JPG
さて、「アグロ」のおそらく最終になるであろうプロトがアメリカより送られてきました。

早速テストしてみたのですが、素晴らしい仕上がりです!

前回のプロトで気になったヒールカップの形状や剛性感が修正されました。

具体的には前回のプロトのカップよりもボリュームを落として幅を絞り、くるぶし周りに伸びにくい素材を縫い付けました。

これにより爪先に加重した時にカップが下向きに引っ張られず、爪先に力が集中しやすくなり、かつフックの際にも脱げにくくなりました。

カップの深さも良い感じでボディの前後バランスもちょうど良いです。

ラストもピーキー過ぎないので踏み込んでから爪先を回転させやすいです。
また、他のモデルよりもターンインしてるので正体で膝を入れ易いし、加重した時にアンダーが出にくい感じです。

とにかくようやく仕上がってきました。

時間はかかりましたが、良いものが出来上がってきたと思います。










 

| - | 12:23 | comments(0) | このページのトップへ