小山田大のクライミング日記
Profile
Search this site.
Others
しぞーか
DSC_1404.JPG
昨日はしぞーかボルダーに行ってきた。
初しぞーか。
行き渋滞に巻き込まれお昼過ぎに到着。
アプローチが解らなかったが何となく谷に降りて上流に向かっていたらフジシン達と合流出来た。
どうやらみんなで「メテオ」という3段にトライしているようだ。
課題を観察すると既製のスタートよりもっと奥からスタート出来そうだったので、アップも兼ねて探ってみた。
スタートまで4手くらいか。
顕著なガバアンダーからで自然な感じ。
バレたので繋げ、オリジナル部分をこなしてメテオに入り、そのまま完登。
メテオはフラッシュ出来た。
岩質も良いし、とてもいいラインだ。
課題名は「ヤメテオ」

みんなのトライを見学した後移動。

ヤナケンさんに色々と案内してもらいながらフジシンプロジェクトへ。

悪いアプローチをこなしフジシンP。
緩いすっきりした前傾壁にカチが続き、核心はピンチからランジするとこらしい。
この岩場に来るに当たっての条件がフジシンPを登らない事、だったので触らないつもりだったが、ヤナケンさん曰く特にフジシンのプロジェクトってわけではないらしい。

でもモチベーションの高いプロジェクトのようなので触らない事にし僕は岩場探索。
いくつか良さそうな岩を発見した。

プロジェクトに戻ると行き詰まっていたようでフジシンが「核心だけやってみて下さい」と言う。
セコいヤツだなとは思ったが暇だしやってみた。
何回か飛び核心のランジは出来た。
実質そのランジだけの課題なので周りの空気が微妙だったが、マントルせずに降りたし完成はしていない。

かっこいい課題なのでフジシンには頑張って登って貰いたい。

やっぱり未登のラインはそれに対して思い入れのある人間が初登した方が良いから。


今回は偵察という感じだったが初めての岩場はやっぱり楽しい。
誘ってくれたフジシンと案内してくれたヤナケンさんに感謝。














| - | 12:58 | comments(0) | このページのトップへ
出来た
DSC_1402.JPG
今日は少し嬉しい事があった。

2年以上前にうちのジムの140度壁に設定してトライを続けていたプロジェクトが今日完成した。

この歳になると過去の自分と比べて現在の自分がどれくらいの位置にいるのか非常に不安になる。
常識的に考えると年齢的にパフォーマンスはこの先落ちていくはずなので、今日のように数年単位で過去に出来なかった課題が出来るようになったりすると、同じ出来事でも若い頃より嬉しく感じる。

まあ、それよりも二年以上も壁が変わらないジムがあるという事に驚くと思うが、僕は頻繁に壁が変わるよりある程度長い期間変わらない方が良いと考えている。

理由としては、長い期間トライする事で超高難度の課題を作る事が出来る、過去に作った課題を登り直す事で現在の自分の状態を知ることが出来る、壁とホールドを深く理解する事が出来る、等々。

もちろん壁を早く回転させる事の利点もあるが、僕はやっぱりじっくりと壁と向かい合いたい。
5年前、10年前の自分はどういうイメージと力を持っていたのか知りたい。
まあ、商業ジムでは限界があるとは思うが。

そういえば、実家の壁には僕が14歳の時に作った課題が残っていて今も登る事が出来る。


とりあえず今日なぜ登れたのか良く考えて今後のコンディショニングの参考にしたい。





| - | 02:40 | comments(1) | このページのトップへ
鳳来 新しい目標
昨日は日帰り鳳来。
久々にリード、去年の夏にボルトを整備したプロジェクトをトライしてみた。

お昼頃岩場に着いた時は前日の雨の影響か濡れていたが、夕方には乾き、一回だけだがトライ出来た。

ムーブは凄くざっとだが全部出来たので可能ではありそう。
かなり難しそうだ。

新しく目標が出来て嬉しい。
頑張りたい。
| - | 15:23 | comments(0) | このページのトップへ
鳳来 プロジェクト完成
今日はプロジェクトをトライしに鳳来へ日帰り。
いつものように花夜叉エリアでアップした後、プロジェクトのあるゲルニカへ。
このプロジェクトは「ゲルニカSD」のスタートで使う左手を右手で持ってシットスタート
左上した後左端の「オーク」にリンクするライン。

お昼過ぎにゲルニカに到着、先日の天候が信じられない程気候が良い。
壁も前より乾燥していてコンディション最高。
とりあえずまだやってなかった「オーク」上部の練習から。
リップから上に氷が張っていて、最後のガバが濡れていたが思っていたより易しい。
スタートから下部も練習、前より格段に良い感じ。
レスト後、最初のトライ。
一手目

なんだか驚く程上手く繋がってオークに突入、リンクしてから3手進んで落ちた。
これはほんとに意外で拍子抜けしてしまった。
これは次登れるかもとレストして二回目。
三手目

中間部のランジ

オーク部分

若干のプレッシャーからか動きは一回目より堅くて何回か足が切れたがなんとか繋がってくれた。
最後のガバをランジで止めて凍ったリップ上に這い上がる事が出来た。

自分には魅力的なラインで登れたのは嬉しかったが、まさか繋げて二回目で登れるとは思っていなかった。
もう少しトライしていたかったプロジェクトだった。
グレードは、うーん、簡単なV14 5段ーくらいか?
V13よりは少しハードな気がするんだが、、、
再登者の意見を待っています。
課題名は「モナリザ」
はっきり言えるのは鳳来にあるこのクラスの課題では一番良い課題だと言う事か。
顕著なスタート、完全なトップアウト、スケール感と傾斜。
文句のつけようがありません。

この後まだ時間が少しあったのでフルシットになって難しくなったと噂の「ゲルニカ」をやってみた。
一回目で完登。
うーん。変わってない気がした。
やっぱりV11なのかな?

しかしあったかいと快適だなあ。
前が寒すぎたのか。



 
| - | 01:52 | comments(1) | このページのトップへ
完成
鳳来のプロジェクト完成

詳しくは後程
| - | 18:09 | comments(0) | このページのトップへ
鳳来2 プロジェクト
昨日まで鳳来にいた。
車泊したのだが、朝起きたら車につららが下がっていた。。

おなじみのハスコラでアップして移動、プロジェクトへ。
やはりリップ周辺は濡れていたが下部は問題なくトライ出来た。
この日は一昨日バラしたムーブを少しづつ繋げる作業に時間を費やした。
結果、スタートから3手、その後のランジを含めた3手も繋がった。
飛躍的な進歩だ。

最後にリンク部分とその少し上もトライして終了。
このプロジェクトもだいぶ登れるイメージが出来てきた。
完全な面一でこれだけのスケールの壁にホールドが続いている岩はなかなか無いだろう。
強いモチベーションを感じる。

頑張りたい。
 
| - | 19:35 | comments(0) | このページのトップへ
鳳来
20150210_213525.jpg
昨日は久々に鳳来。
下のコンビニに着いた時にめちゃ吹雪いてて帰るか迷ったが一応岩場に行ってみた。

吹雪はおさまる事なく岩の上には雪が積もりリップは濡れていたが、何とか登れそうに見えた。
軽くアップした後移動しプロジェクトへ。

練習したかった下部は乾いていたのでトライ開始。
初め絶望的に難しく感じたがやってるうちに体も動くようになり、結果的にはかなり良い感じにムーブを起こせた。

この日は三時間程しか登れなかったが満足した。

最高気温は0℃、寒かったなあ。

| - | 21:36 | comments(3) | このページのトップへ