小山田大のクライミング日記
Profile
Search this site.
Others
龍頭泉プロジェクト最終日
昨日は最終日。
目標はカラムーチョへのリンクポイントまでだったが、惜しくも達する事が出来なかった。
あと1手出来ればリンクムーブまではいけたと思う。
リンクポイントまでで5段くらい、そこから全くレスト出来ない状態で3段にリンクする。
今回は酷い結露と染み出しに悩まされたが、2日間はコンディションも良く、集中してトライ出来た。
とにかくやればやるほど難しく感じるプロジェクトだ。
強モチベーションを長期間保ってトライしなければ登れなそうだ。

FullSizeRender.jpg

頑張りたい。


| - | 22:35 | comments(0) | このページのトップへ
開始!
さて、九州入りしてからは龍頭泉で登っています。
着いて一週間、比較的易しめの課題の初登や既成課題を登り足慣らし。
そして、昨日から今シーズン目標の一本であるプロジェクトのトライを開始しました。
昨日は天気は良かったものの前日の雨の影響か染み出しが酷く、コンディションは最悪。
それでも前半のパートは練習出来て、なんとか二つに分けて登れました。

IMG_0249.JPG
まだまだ時間はかかりそうですが、頑張りたいです。
 
| - | 11:00 | comments(0) | このページのトップへ
ヨクト〜九州
ヨクト完成後、翌日は笠置で軽く登り、陸路で九州入りしました。
明日からは龍頭泉のプロジェクトを攻める予定。
頑張ります。
写真は「ヨクト」

IMG_0070.JPG


 
| - | 23:12 | comments(0) | このページのトップへ
完成!
今日ついに下呂でトライを重ねていたプロジェクトを完成させた。

IMG_0072.JPG
このプロジェクトは「那由多」トライ時に発見した。
スムーズでシャープな前傾壁に奇跡的にホールドが繋がっていて、興奮したのを覚えている。
那由多完成後、トライを開始し数日でかなり良いところまで迫るも登れず、持ち越しになっていた。
その後もまとまった時間を作ってはトライしに来ていたのだが、なんとなく条件が合わず登れずにいた。
そして今シーズン、想定外の悪天候続きに悩まされたがついに完成させる事が出来た。
トライ日数は10日間程、細かい足と細かい手、遠いムーブに苦しめられた課題だった。
課題名は「ヨクト」グレードはV15 5段+くらいだと思う。
また素晴らしい課題をこの地に残す事が出来て嬉しい。
下地整備に協力してくれたスタッフ、アプローチ整備に尽力してくれた地元の方々に感謝したい。
| - | 02:34 | comments(0) | このページのトップへ
GRASP

現在のクライミングシーンにおいて無くてはならない。少なくとも自分にとっては。

登る際に手につける白い粉「チョーク」は自分にとっては非常に興味深く、同時に難解な存在でもあります。

 

自称チョークマニアである僕は、昔から出来る限りの範囲で研究とテストを繰り返してきました。

それは市販されているほとんど全てのメーカーのチョークを試す事から始まり、ブレンド、添加物の添加、湿度気温と

チョークの相互作用や皮膚や靴のソールとの関係、どのチョークがどの岩質に向いているか等、考えうるほとんど全ての事を実施してきました。

結果、常識とされているチョークに関する知識の半分くらいは間違いだと気づくわけですが、この話はまたいずれ。

 

そんな自分にスポーツ用滑り止めで国内シェアナンバーワンの製造量を誇る会社、グリーンテクノ21からクライミング用チョークの

開発を持ちかけられたのが今年の春、一も二もなく飛びつきました。

 

それからグリーンテクノ社との共同開発が始まりました。

グリーンテクノ社の持っている豊富な知識と今まで手に入らなかった様々な素材を使った開発は非常に興味深く

また、有意義な作業でした。

今まで作った試作品の数は数え切れない程です。

 

そしておよそ1年の開発期間を経て、現時点で最も良いと感じる調合と素材を発見、商品化にこぎつけました。

同時にグリーンテクノ21より独立したクライミング用チョークのブランド「GRASP」を立ち上げました。

 

みなさん是非一度使ってみてください。

手の滑りを止めるという単純なようで奥の深い、チョークの一つの回答がここにあります。

 

 

緊急告知! プロジェクトの恒例イベント「バトルロワイヤル」初日の28日と29日、各日先着20名様に『GRASP」の100グラム入りサンプルをプレゼントいたします!

 

また、来る11月12日(日曜日)御岳ボルダリングエリアガイド発売記念イベント「御岳遠足」にてサンプル無料配布

を予定しています。

イベント情報はプロジェクトHPより近日中に発表します。

お楽しみに!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| - | 12:13 | comments(0) | このページのトップへ
下呂プロジェクト

昨日から下呂入り。

懸念していた台風の影響もアプローチ以外は全く問題なく、コンデションは最高だった。

ムーブのおさらいの後、下から攻め、何回かはリップを叩く事が出来たが止められず。

それでも大きな進歩を感じた。

 

今日は前腕の疲れからレストしたかったのだが、明日からまた天候が崩れるようなので駄目元で出かけた。

結果、疲れた体ではどうする事も出来ず敗退。

次回に持ち越しとなった。

次は来週かな。

 

 

 

| - | 02:31 | comments(0) | このページのトップへ
御岳ボルダリングエリアガイド

ついに完成しました!

御岳ボルダリングエリアガイドです。

素晴らしいトポです。

 

オールカラー、もちろん全ての岩の写真とライン付きです。

また、御岳を代表する、すなわちそれは日本を代表する課題の貴重な初登時の写真や初登者のコラムも掲載されています。

ボルダリングエリアの場合、岩の数が多く、どの岩なのか、スタート位置はどこなのか、判断に苦しむ場面が多々あります。

これからのトポは岩の写真とライン、スタート位置の表記は必須事項にならなければならないと思います。

 

そして今回の御岳トポでは海外からのクライマーも視野に入れ、バイリンガル表記にしました。

これで海外から来たクライマーもストレス無く楽しめる事でしょう。

 

僕は海外に行きトポを購入しその出来の良さに驚き、常々日本でも同じような本が作れたらと考えていました。

トポの質はその国が持つクライミング文化の質に比例するものだと思います。

今回の御岳トポの完成は、ようやく日本の岩場でのボルダリング文化が海外に追いついて来た事の証明になるのではないかと思います。

この本が御岳という岩場のクライミング文化の継承と、ここを訪れる多くのクライマー良きパートナーとなることを願います。

 

 

 

 

 

 

 

| - | 18:35 | comments(0) | このページのトップへ
下呂5

昨日は笠置山で取材を終えた後、下呂へ。
着いたのは夕方遅くで日暮れが迫っていた。
気温は今シーズンに入って一番低い。
前日の疲れが残っている感じはあったが、最終日なのでムーブだけでもやっておこうとプロジェクトへ。

アップの後トライ開始。
するとなぜだか体は良く動き、繋がらなかった核心が繋がった。


もしかしたらとスタートからやってみるが、核心に入る手前のムーブが上手く繋がってこない。
ワンムーブではなくその半分、半ムーブがやっかいな感じ。
結局この日も下からは繋がらず。
ムーブを練習して終了した。
でも、後半の核心を含むムーブは全て繋がったし、感じは悪くなかった。
体調を整えてまた来たい。



そういえば先日ワールドロックで初登した「アスタロト」だが、もう一回やってみたところ、良い左足を発見。
これだと易しくなる感じ。
他の2段、アンセム、あうん、に比べて少し難しいくらいなので、2/3段が妥当と思う。
片手間で雑な探りだったなと反省。
でも良い課題である事は確かなので是非トライしてください。

| - | 13:39 | comments(0) | このページのトップへ
下呂4

さて昨日も下呂へ。
日中用事があったので岩場に着いたのは夕方。
まずはメインのプロジェクトから。
軽く触った程度だったが、やはり核心が繋がらず…まあ今日はトンネルプロジェクトが目標だったので早々に切り上げて移動。
ワールドロックへ。

コンディションは最高。
後は指の持ち感か。
ホールドを触ってみるとまあまあな感じ。
皮膚が破れるのを防止する為にテーピングを巻き、トライ開始。
テーピングの滑りを止めるちょっとしたコツが上手くいき、2本指スロットは上手く持てた。

 

あとは指の太い自分にとって最大の核心、スロットエッジの保持のみ。

 


ここはやはり自分にはネックとなり何回か落ちたが、何回目かのトライだったか、このスロットが上手く持て、登る事が出来た。

このプロジェクトは内容は良いのだが見た目がいかんせんショボい。
いや、ルーフ自体はかっこいいんだが、とにかく低い。
指も痛くなるし、なんとなくトライするのが辛かった。
でもまあ完成すると良い課題のような気もする。
ムーブは面白いし。

課題名は「リンボ」グレードは指の太さによってかなり体感が変わりそうなのでV13〜14 四段+〜5段−と、幅を持たせたい。
スタートは「那由多」と同じで逆方向に抜けます。
とにかく終わって良かった。

 

これでワールドロックの主だったプロジェクトは全て終了した。

| - | 02:51 | comments(0) | このページのトップへ
下呂3

さて、昨日も下呂へ。
岩場に着くと珍しく混んでいた。
久々にトール君に会った。
相変わらずキャラが立ってて面白かった。



この日は日中暑かったので夕方まではのんびりと過ごし、涼しくなってから本格的に活動を開始。

最初にワールドロックのトンネルプロジェクトから。
何回目かのトライであと1手まで迫るも前回と同じく指を壊しそうになり断念。
また同じように敗退してしまった。


このプロジェクトは自分のムーブだと指に過負荷がかかってしまい、何回もトライ出来ない。
またレスト明けに攻める事にし、移動。

 

メインのプロジェクトへ。
このプロジェクトはやっぱりかっこ良くてモチベーションが上がる。

核心の2手を繋げるのを目標に 頑張るも結局繋がらず。。
岩場を上がったのは11時を過ぎていた。


 

この日はほんとにいいとこがなかった。
ちょっと落ち込んだが、疲れが溜まっているのかもしれない。

レスト明けに期待。

| - | 03:11 | comments(0) | このページのトップへ
下呂2

昨日も下呂へ。
ワールドロックから。
みわちゃんが宿題をトライしている間、夏来たときに気になったラインをトライしてみた。

 

一番左端にある初段と「ヒップアタック」の間にあり、1番被った部分を真っ直ぐに登る見映えのするライン。

一見するとブランクに見えたのだが、よく見ると細かい縦カチとアンダーが絶妙な位置にある。アンダーから飛んでリップにとどけば出来そうだと見当をつけてトライ開始。

数回のトライの後に完成した。
このラインは本当に良かった。
ラインもムーブも素晴らしい。
岩を良く観察する事の大切さを改めて思い知らされた。

 

 

課題名は「アスタロト」V11 三段+かな。
動画をインスタに上げときます。

 

この後は移動して最後のメインプロジェクトへ。
疲れていたがなんとか核心のムーブは復習出来た。

 

 

まだ時間はかかりそうだが、頑張りたい。


 

| - | 15:24 | comments(0) | このページのトップへ
下呂

一昨日から下呂入り、今回はみわちゃんも同行。
初日はワールドロックへ。


気温も湿度も低く、完全にシーズンに入った。

 

最初に「那由多」スタートから反対方向へ抜けているトンネルプロジェクトをトライ。
夏に少しだけトライしたのだが全く出来なかった。
今回はコンディションも良くムーブは意外にもすぐにバレ、あわよくば狙えるかなと思ったのだが核心の2本指スロットで指を酷く剥いてしまい断念。


テーピングも試したが滑ってダメ。
指が治るまで持ち越しになってしまった。

 

その後はみわちゃんの観戦。

 

途中暇をもて余し、この岩の一番左端にある初段スタートからトラバースして「あうん」にリンクするラインを初登した。
V11 三段+かな。
課題名は「あはい」
 


みわちゃんは目標の初段3本のムーブをバラして終了。

帰る頃には日付が変わっていた。

後半に続く。


 

| - | 14:43 | comments(0) | このページのトップへ
龍頭泉プロジェクト
さて、九州から岐阜に移動してきました。
今回は単独全陸路。
少し疲れた。

龍頭泉での最後の日は周辺の未登と思われるラインを掃除していくつか登った。
易しい課題ばかりだったが、これでより充実したエリアになるだろう。

メインのプロジェクトであるワサビ〜カラムは後半のカラムを何回か登って自動化しておいた。
それでも前半のトラバースパートだけでも5段くらいあるので、消耗した状態で後半をこなすのはかなり辛いだろう。

それにしてもまた凄いプロジェクトが見つかって嬉しい。

龍頭泉には僕が15の頃にコンペで来た以来だった。
その時にこの岩も見ているはずなのだが、ラインは全く見出だせなかった。
年と歳を経て、自分も変わったのだろう。

このプロジェクトは時間が
かかりそうだ。

頑張りたい。




| - | 09:49 | comments(0) | このページのトップへ
九州ツアー
IMG_3551.JPG
岐阜から移動し、九州に来ています。
帰省のついでに鹿児島では新しいエリアを求めて2日間歩き回りました。
結果、大きな可能性を感じる未開のエリアを発見する事が出来ました。
今後の開拓次第では良いエリアが出来るのではないかと考えています。

鹿児島から長崎に移動し、竜頭泉で2日間登りました。
昨日は橋のエリアで登り、カラムーチョのある岩で右端に三級の易しい課題を、そして中央のプロジェクトをトライ。
この日はリップまでのムーブをなんとなくバラし終了。

今日はまた橋のエリアへ。
中央のプロジェクトをトライするも懸念していたリップから上がほぼ不可能に近い事がわかり断念。
いや、不可能ではないのだろうが、かなり時間がかかりそう。
目的を変更して、よりハードそうに見えたワサビーフからトラバースし、カラムーチョにリンクするラインをトライ。
トラバース部分はなんとなくムーブがバレ、夕方カラムーチョ三段を単体でトライ。
なんとかフラッシュ出来た。

その後、くたびれていたが、カラムーチョの左下からスタートし、カラムーチョにリンクしトップアウトするプロジェクトをトライ。
なぜかカラムーチョはリップのガバで終了となっている。

これは暗くなる直前になんとか登れた。
マントルを返してからのスラブがなかなか痺れた。

課題名は「激カラムーチョ」V11/12 3/4段。
素晴らしい課題です。

ワサビーフ〜カラムーチョは確実に5段はありそう。
まだ少し時間があるので、もう少しトライしてみようかな。

| - | 00:00 | comments(0) | このページのトップへ
シーズン入り?

だいぶ涼しくなったとの噂を聞き、一昨日から岐阜に来ている。
初日は下呂へ。
前日に雨が降ったのか地面は濡れ、空気も湿っていたが岩は乾いていて、なんとか登れた。

ワールドロックで前回来た時に登ったアンクルダイレクト右のシットスタートをトライした。
夕方から夜にかけてコンディションは徐々に良くなり、暗くなってから2回目のトライだったか、登れた。

課題名は「アソウギ」グレードはV13 4段+かな。
コネクション課題だが、オリジナルのムーブが約8手あってラインも綺麗だし、なかなか良い課題だと思う。

シーズンに入ったかのように思えたがまだまだ暑い、本格的なシーズンの到来はもう少し先のようだ。

 

| - | 11:47 | comments(0) | このページのトップへ
近況

梅雨が明けたら梅雨になった。

完全にオフシーズンな為、最近はジムでしかまともに登ってません。

そして体重計に乗ったらシーズン中よりもだいぶ体重が増えてました。

どうりで動きが悪いわけだ。

夏場の代謝の悪さに加えて食べる量を増やしたからか。


というわけで、脂肪をつけて自重トレーニングを敢行中です。

動きは悪いわ指にはくるわで辛いですが悪い事だけではなく、回復が早い、関節を傷めにくいなどの利点もあるようです。

加重トレで体の一部に重りをつけるよりも登ってる最中のバランス感も良いだろうし。

まあこの後の減量が大変ですが。


きたるシーズンに向け、もう暫く続けてみようかと考えています。


| - | 14:53 | comments(0) | このページのトップへ
下呂市 金山の

クライミングジム「アンニュート」さんでホールドと課題のセットをしてきました。

 

非常にコンパクトながら傾斜が多彩で動きのある課題を作る事ができました。

このジムのコンセプトは「クライミングを始める最初の一歩になって欲しい」だそうです。

その為、料金設定は非常にリーズナブルになっています。

 

下呂のボルダーの象徴的な存在であるワールドロックまで車で約20分、その他のエリアも10分

以内と立地条件も最高です。

興味のある方は是非登りに行ってみて下さい。

 

 

 

 

| - | 15:57 | comments(0) | このページのトップへ
カラーズ1周年記念イベント

昨日は草津のクライミングジム「カラーズ」で道場でした。
今回の道場はカラーズの一周年を記念して開催されたもので、普段通りの道場から高難度課題のデモンストレーション、トークショーと盛りだくさんのイベントで参加者も多く大盛況でした。

 

カラーズさんには今回初めてお招き頂いたのですが、綺麗な店内にシンプルでボリュームのある壁、そしてなんと言っても冷房の効きの良さには驚きました。
外は猛暑の中、ジム内では快適に過ごす事ができました。

 

 

 

今回道場とデモで設定した課題は全てマップとテープで残してあります。

 

近くにお住いの方は是非登りに行ってみてください。

参加されたみなさん、スタッフの方々お疲れさまでした。

 

 

 

 

 

| - | 00:27 | comments(1) | このページのトップへ
5段リスト最新版

先日、今まで登った5段以上は何本ですか?と質問され答えに窮してしまった。

適当に「50本くらいです」と答えた。

今まであまり登った本数は興味がなかったのだが、50本以下だとまずいなと思い、少し真面目に調べてみた。

結果、5段以上は70本あった。

意外に沢山登っていて驚いた。

ただ、古い記録など網羅しきれてない部分もあるから、もっとあるのかも…

こりゃ100本目指すしかないな。

 

以下にリストです。

初登時からグレードが変わっている課題多数です。

今後も変動する可能性はあります。

 

【2016-現在】

課題名(JP) Grade Grade (JP) Location Date FA/他
那由他 V16 6段− 下呂 2017/4/5  
六道 V15 5段+ 遠山川 2016/3/25  
神奈備 V14/15 5段 比叡山 2017/2/6  
明鏡止水 V14/15 5段 遠山川 2016/3/18 再登
ディストレス V14  5段− 土呂久 2017/5/14  
波の綾 V14  5段− 屋久島 2017/4/25  
パラダイム V14  5段− 下呂 2017/3/25  
断捨離 V14  5段− 豊田 2017/3/15  
コヴナント V14  5段− 行縢 2017/1/11  
プレセム V14  5段− 下呂 2016/6/11  
ネハンナ V14  5段− 下呂 2016/6/4  
イゾラド V14  5段− 土呂久 2016/4/22  
へリックス V14  5段− 遠山川 2016/3/17 再登
入滅 V14  5段− 笠置山 2016/3/1  

 

【全リスト】

 

課題名(JP) Grade Grade (JP) Location
那由他 V16 6段− 下呂
Story of two world, low start V15〜 5段+〜 Cresciano
エピタフ V15 5段+ 鳳来
The Wheel of Life V15 5段+ Grampians
白道    V15 5段+ 鳳来
六道 V15 5段+ 遠山川
ホライゾン V15 5段+ 比叡山
ヴァニタス V15 5段+ 鳳来
エターナル V15 5段+ 日之影
Der mit dem fels Tanzt V15 5段+ Chironico
in search of time lost V15 5段+ Magic Wood
ボンゴ V15 5段+ Frankenjura
アンガマ V15 5段+ Fontainebleau
メトセラゼーション V15 5段+ 金峰山
ハルシネーション V15 5段+ 鳳来
Story of two world V15 5段+ Cresciano
神奈備 V14/15 5段 比叡山
明鏡止水 V14/15 5段 遠山川
乾きの海 V14/15 5段 水俣
浮世 V14/15 5段 笠置山
deadalus direct V14/15 5段 Sustenpass
ユーフォリア V14/15 5段 金峰山
バベル V14/15 5段 塩原
オロチ V14/15 5段 神戸
ディストレス V14  5段− 土呂久
波の綾 V14  5段− 屋久島
パラダイム V14  5段− 下呂
断捨離 V14  5段− 豊田
コヴナント V14  5段− 行縢
プレセム V14  5段− 下呂
ネハンナ V14  5段− 下呂
イゾラド V14  5段− 土呂久
へリックス V14  5段− 遠山川
入滅 V14  5段− 笠置山
夜叉 V14  5段− 瑞牆
ミネルヴァ V14  5段− 瑞牆
モナリザ V14  5段− 鳳来
アラハバキ    V14  5段− 奥岳
天照        V14  5段− 比叡山
フェノメナ V14  5段− 日之影
Insanity of Grandeur V14  5段− Chironico
From dirt grows flower left V14  5段− Chironico
現世(うつしよ) V14  5段− 笠置山
シャンバラ V14  5段− 豊田
常世 V14  5段− 笠置山
Phase 2 V14  5段− Sustenpass
Dark matter V14  5段− magic wood
キバランカ V14  5段− 笠置山
big paw V14  5段− Cresciano
from shallow water to river bed V14  5段− Magic Wood
New Base Line V14  5段− Magic Wood
エモーション V14  5段− 笠置山
シールド V14  5段− 笠置山
イデア V14  5段− 鳳来
イニュエンドー V14  5段− 鳳来
マテチャ V14  5段− 東の河原
クレイジークレイドル V14  5段− 東の河原
カルム V14  5段− 笠置山
ハイパーバラッド V14  5段− 塩原
ハイドランジア V14  5段− 塩原
ヒドラ V14  5段− 塩原
オーグル V14  5段− 笠置山
The dagger V14  5段− Cresciano
Taklamakan+ V14  5段− Varazze
Riot Act V14  5段− Frankenjura
Remembrance of things past V14  5段− Magic Wood
Monte Core V14  5段− Frankenjura
Long Bow V14  5段− Frankenjura
Dream Time V14  5段− Cresciano
Coxadistorta V14  5段− Frankenjura
| - | 19:28 | comments(0) | このページのトップへ
新エリア〜下呂

昨日は下呂へ。
最初に新エリアへ行き、前回よりも深いところまで偵察してみた。
かなり歩いてエリアの全体像をほぼ掴んだように思う。

 

夕方からは登り。
ワールドロックで軽くアップした後、スチルパーマのエリアへ。
前回気になった「パーマネントグリーン」から派生して正面を直上するラインをトライしてみた。
ムーブをバラしたのち二回目で完登。

 


これも良いラインだった。
スタートはパーグリと同じで途中から右のカンテに出ず正面のフェースを登ります。
グレードはV11 3段+くらいかな。
課題名は「パーマネント・ブルー」

 

暗くなってからはルーフプロジェクトへ。
この日、前回出来なかった核心の2手が繋がった。

 

試しにスタートからやってみたが全然ダメだった。
このプロジェクトはもっと時間がかかりそうだ。
でもほんとにいいプロジェクトなので楽しみにとっときたい気もする。
結果的にそうなっちゃったけど。。。

 

 

| - | 02:15 | comments(0) | このページのトップへ
下呂〜新しいエリア〜下呂

姫路でのイベントの翌日、疲れていたが下呂へ。
体の調子次第では整備だけでもと思っていたのだが、夕方になると体も動き始め、気温も下がりコンデションが良くなってきた事もあり、結局登る事にした。
まずは先日初登した「アプニア」の直上から。
本来なら最初にトライすべき自然なラインなのだが、前回は上部が濡れていてトライ出来なかった。
解決済の下部が核心なのでこれはすぐに登れた。
「アップニア」2段くらいか。

 

次に右のカンテ。
これは1級くらいかな。

 

暗くなってからメインのルーフプロジェクトへ。
前回出来なかった中継取りの解決を目標にトライ開始。
意外な事にすぐに解決。


足を下げたのが良かったみたいだ。
もしかしたら核心の2手が繋がるかもとトライを続けるが、繋がらず。
うーん。難しい。
ごまかしの効かない真向勝負系でやっていてホントに楽しい。
素晴らしいプロジェクトだ。
この日は結局、遅くまで全開で登って終了。

 

昨日は再び下呂へ。
三日目で体はバキバキ。
まずは新しい岩場の偵察へ。
地元の方から岩のある山を見つけたので一度見て貰えないか?と、依頼があった。
下呂の中心部から30分程で到着。
わくわくしながら山に入る。
そしたら、あるわあるわ、ゴロゴロと良さげな岩が転がっている。
興奮しながら山の中を2時間程歩き回った。
昨日ざっと見ただけでも良いのがいくつもあったが、その中でも下の写真の岩は圧巻だった。


またまた凄いのを見つけてしまった。
標高の高い場所なのでもしかしたら整備だけなら真夏でも可能かもしれない。

 

夕方からは登り。
三日目だし今日はダメだろうとアップから。
するとなんだが体が動く感じがした。
これはと移動し、前から気になっていたスチルパーマの岩へ。
既存課題である「スチルパーマ」2〜3段のスタートの下には顕著なガバの水平クラックがあり、完全版であるロースタートの可能性が以前から指摘されていた。
まずはプロジェクトの後半にあたる「スチルパーマ」から登る事にした。
とりあえず登って、オリジナルの下部のトライを開始。
が、難しい、色々と試しているとスギさんハタノさんが到着、その後イマイさんも来て一気に賑やかになった。
問題の下部はあれやこれや試している内になんだか解決。
下から繫げてスチルのスタートまでは繋がったので、ダメ元で下から繫げを開始。
すると数回のトライののち、下から繋がってしまい、完登する事が出来た。

 

クライミング三日目で体は疲れているはずなのに、なんだか解らないが良く体が動いた。
未だに体の調子のリズムやサイクルには謎が多い。
何はともあれ、この完全版はほんとに素晴らしい課題だ。
絶妙なホールドの配置感とムーブで、下呂を代表する課題の1本ではなかろうか。
課題名は「パーマネント・グリーン」グレードはV13 4段+かな。
ここを最初に見つけ、開拓した方々に感謝したい。

 

この後はみんなで周辺の岩を登り、下呂最小の1級を作ったりと盛り上がり、気が付いたら12時を回っていた。

 

みんな元気だなあ。

| - | 16:37 | comments(0) | このページのトップへ
ボルダリングライフ道場

さて昨日は姫路市にあるクライミングジム「ボルダリングライフ」さんで道場〜トークショーのイベントでした。
参加人数は少な目でしたが、そのぶん密度の濃いセッションだったように思います。
みなさんとてもモチベーションが高く、次から次に設定される課題にしっかりとついてきました。
道場後のトークショーは座談会という感じで楽しかった。

 

道場で設定した課題以外にも沢山の課題を設定してきました。
近くにお住まいの方は是非登りに行ってみてください。
参加して頂いたみなさん、スタッフの方々お疲れさまでした。

 

 

ところでトークショーでは恒例のQAコーナーがあったのだが、面白い質問が一つあった。
それは「恵那には小山田ハンマーというものがあるらしいんだが本当か?」というものだった。
小山田ハンマー??なんだそれ?と思い逆に質問すると、「恵那の岩を開拓する時にガバは全部ハンマーで壊して難しい課題を生産している、という噂がある」というものだった。
正直そんな話は聞いた事がなかったし、もちろんそんな事はしていないので、笑いながら「それはないですよ」と回答した。
おそらく開拓時の整備の話から尾ひれはひれが付き、妙な噂が生まれ広まったのではないか?という推測もとりあえず話しておいた。
すると質問者は「そうかー都市伝説だったのか」と妙に納得していた。
僕もついに自分に関する都市伝説が生まれるまでになったか、、、。
オカルトネタが好きな僕としては今後「小山田は腕が伸びるらしいぞ」とか「あぐらかいて飛べるらしい」とかいろいろと出てくると楽しいなと思った。

 

ちなみに本気出せば5mは腕が伸びます。


嘘かも。

 

| - | 03:00 | comments(0) | このページのトップへ
下呂 新しい目標

昨日は整備のみで夕方下呂へ。
下地の整備をなんとか終わらせた。
そしてその夜遅く、台風のような嵐が突然訪れた。
嵐は一時間程で収まったのだが、とにかく驚いた。

今朝はあの嵐が嘘のように晴れ渡り、空気も冷たく乾燥していた。
下呂へ。

目的の岩に着くとロープを出し、ぶら下がって掃除から。


1時間ほどで苔落としを終え、ようやく登れる状態になった。
最初に簡単な課題を3本設定した後、左面の右上していくトラバースラインをトライしてみる事にした。
これが思っていたよりハードで、ムーブはすぐにバレるも繋げると後半の核心部がなかなか繋がらない。


明るい内に登りたかったが暗くなり、ライトをつけて最初のトライでなんとか登れた。
ルートを攻めるような感覚に切り替えた事が良かったようだ。
ムーブが複雑で面白かった。

課題名は「アプニア」グレードはV12 4段―

この後、メインのプロジェクトである正面のルーフをトライしてみた。
すっきりとした壁面に必要最低限のホールドがリップまで奇跡的に繋がっている。
とんでもなく素晴らしいラインだ。
今日は核心と思われる2ムーブの内ワンムーブのみ解決した。


このプロジェクトは時間がかかりそうだ。

新しい目標に心躍る。

| - | 02:35 | comments(0) | このページのトップへ
笠置〜下呂

一昨日は笠置山で雑誌のインタビューと写真の撮影。

 

 

昨日は久々に下呂へ。

以前発見したルーフの整備作業をした。
作業レベル4段くらいだったか、、、ほんとにしんどかった。
でもいい課題ができそうだ。
夕方から夜にかけては登り。
ちょうど一年前にトライして、どうしても一手出来ずに敗退していたプロジェクトへ。
出来なかった一手は意外にもすぐに解決した。
その後、気温が下がってコンデションが良くなってきた頃、数回のトライの後に完登出来た。


実質僅か3手の課題だが内容の濃い素晴らしい課題だった。
課題名は「幻妖」V12 4段―

作業から夜にかけての登りで体はグダグダに。
良い一日だった。

 

 

| - | 02:45 | comments(0) | このページのトップへ
マンスリー課題@Project

今月22日から、クライミングジム プロジェクトのマンスリー課題が新しくなっています。

今回は僕もセッターとして、いろんな課題を設定しました。

 

6月18日までの期間限定です!ぜひ登りに来てくださいねー

 

| - | 23:58 | comments(0) | このページのトップへ