小山田大のクライミング日記
Profile
Search this site.
Others
最終日
昨日は九州ツアー最終日でした。
先週末は予定されていた水俣でのイベントが雨で流れてしまい、実家でのんびりと過ごしました。

ホライゾン完成後は後に続く沢山のプロジェクトの事や新エリアの整備に夢中で、ゆっくりと振り返る事もなかったのですが、実家での数日間で今回の成功に対して色々と考える事が出来ました。

書くと長過ぎるので省きます。


実家で過ごした後は一日だけ新エリアで開拓しました。
簡単な課題を5本設定。
このエリアも公開までには沢山の課題が出来ることでしょう。


昨日は出発までに一時間程大谷に行って岩場にお別れをしてきました。

簡単な課題を登って岩の上に立ってきました。
天気が良くて空が綺麗でした。

また来るのにいつにも増して帰るのが寂しい気分でした。


良いツアーだったと思います。


| - | 22:27 | comments(0) | このページのトップへ
Horizon
This is the another translation of my post on May 12, regarding the grade. 

Please click here for the orignal post in Japanese.

************************************************
I want to talk about the grade here, but to be honest, I don’t have the right answer.
 
No doubt the Super Project was the hardest problem I’ve ever done and that probably means it’s a V16. However, I’m not quite sure because I don’t have enough references to compare with. I would be able to fully understand what V15 is like exactly if I did more than fifty or so of them, but my accomplishments don’t even come close to that.
 
So I can say for sure the grade of this problem is at least V15, but I’m not sure where it exactly fits within the range of V15.  Is it in the upper 15 region or beyond 15 and in the realm of 16 – I can’t tell.
I think we just need to see more climbers experience V15s to talk about the grade of 16. Just as 4-dan(V12/13) or 5-dan(V14/15) (were) used to be in Japan.
 
So it might take more time to settle on its grade.
I want to ask strong climbers not only from Japan but also from abroad to try this problem and to hear their opinions.


 
Truthfully, I don’t care much about the grade.
‘I found a hard and cool line!’
‘I’ll try it’
‘Um…. Can’t do it’
‘Yeah, I did it!’
That’s it. I’m fine with this simple scenario.
 
Grading in climbing has a negative aspect. Dry numbers sometimes spoil great climbing and great problems. And I know people tend to focus on the numbers rather than on climbing itself.
 
I simply want to focus on climbing, not bothered with the grading. If I were not a professional climber, I would be climbing like that for sure.
 
Not to be misunderstood, I’m not trying to be cool saying ‘grade is not my thing.’  I just don’t understand what grading really is and I don’t want to be bothered thinking about it.
Before the trip to Kyushu this time, I climbed existing problems to confirm my sense of grading but ended up getting confused more.
 
So I think grades should be treated as just numbers, mechanical numbering. It can go up and down.
I rather want to keep getting on FAs of wonderful lines, pushing my limits.  And I want to cherish this motivation.


 
I decided on the name of the problem - ‘Horizon’ and on the grade at V15+ tentatively.
 
 
| - | 14:37 | comments(0) | このページのトップへ
At Last!

I've recieved so many warm messages from overseas regarding the latest accomplishment of Horizon.
That encourages me a lot!
So I provide the English translation of the post on May 10, 2015.

The oiginal post in Japanese is here.
http://koyamada.dai.hiho.jp/?eid=867423

************************************************************************************

Finally I was able to hold myself after swinging at the crux where I had fallen so many times.
I was calm enough to put my right foot onto the tiny stance even as I miss it once.
Then turned my body 180 degrees and set both feet on the lip. Made another 180-degree turn and climbed up onto the pitch-dark ledge.
 
The prime objective of this Kyushu trip was to complete the Super Project in Otani sector of Hiei Mountain area in Miyazaki prefecture on Japanese Southern island of Kyushu.
 
I first saw this project about three years ago when Jinnai-san took me to a new area of Hiei Mountain where there was a huge rock with stunning roof.
It was so ‘shocking’.
I had never seen such a massive granite boulder with continuous holds. Ease of access is also great, and I got really excited that I met this fantastic project!
It was nothing but the ‘Super Project’.
 
As I started to work on it, however, I found it was much harder than I had expected and was difficult to focus only on this project as there were other fascinating projects to try in the same area.
 
Conditions have hampered me, too. Often struggled with seepage after the rain through the crack even it’s in the roof. How many times I was rejected by the wet cracks…. 
Nonetheless, I kept going back to this project to figure out the sequences and practice the moves whenever I felt fit and spent a lot of time to tackle this giant roof.
 
During the trip of 2014, though it was a short trip, I was able to focus on this project and have done all the sequences by dividing into two parts at a rest spot in the middle of the line. Then as I accomplished FAs of other major projects in the area such as Amaterasu, I brought myself to concentrate on this project both mentally and physically.
 
This might be the last chance for me considering my age…..
My desire to complete this project this time was strong.
 
I embarked on this trip with such feelings.
 
Yesterday, it was sunny and the temperature was quite high. Most holds were a little bit wet after the rain from two days ago and barely becoming dry enough. But some holds were completely wet, so I stuffed tissue papers to stop seepage. Then, I started.
As soon as I did, I realized I couldn’t do the crux moves which I had done before, maybe because it was too hot and I hadn’t been on it for a long time. This made me very nervous. So I switched my mind to concentrate on just practicing all the sequences during the daytime and waited for the evening.
 
The temperature dropped sharply in the evening and conditions improved.
Then it came the first serious attempt of this day. It was pretty good, starting smoothly but fell at the crux no-feet swing. The second attempt was also good, or much better than the first one. I held myself from swinging off for the first time but missed catching a tiny stance for the right foot and fell.
Through these two attempts, I got confident that I was very close to complete this project, then waited for the temps to become much cooler.
 
When the night came, the third attempt was with the lanterns – but failed at the beginning. Following a short break, I did the fourth attempt. I went through the sequences with some fatigue, and fell right before the crux.
After this attempt, I felt I may have lost my concentration. And I was exhausted. It was disappointing that I probably missed the chance because it was going to rain the following couple of days. I regretted that I failed at the second attempt – why was I not able to hold myself at the crux…?
 
Conditions gradually improved over time, however, and the temperature dropped. So I decided to try again. Even if I didn’t make it, it would be a good training for the day and it’ll be a rainy day tomorrow - and this thought made me relaxed.
Took some break for a while. Usually I don’t eat so much when climbing but I forced myself to eat. Then I felt like I got refreshed.
 
The fifth attempt. Making the initial sequences with sensitive foot-works smoothly and reaching to a rest spot. Even though it’s supposed to be a rest, I couldn’t stay long but just shaking one time for each arm. Then going into the second half. It was perfect so far. Moves become suddenly harder from this point on, with complicated and tricky footwork and then three moves without foot holds.

 



 
The following three moves were the crux of this project. I jammed my left fingers properly.
 

 
And put my right hand via a shallow undercling intermediate pocket hold then to a good hold. Then cutting both feet and controlling the swing - this was the real crux.
 
Got it!
 
Similar to the second attempt, I missed catching the tiny right foot hold but this time I was calm enough to recover and put my foot onto it. 

 
 
I sat down on the pitch-dark ledge with heavy breathing and stayed there for a moment until I became aware that I’ve done it finally. I had to climb up another 5 meters of slab to reach the top. So I asked to pass me a headlamp and enjoyed the completion of this project with fear but with full of happiness.
 
This is how I completed my hardest climbing ever.
 
Before finishing this project, I was afraid that I would burn out and might lose motivation for climbing. But this never happened. I am already obsessed with other projects, a lot of projects. 
 
Is it the sign of some youth still left in me that I can put this Super Project in perspective as one of the milestones passing en route not the final destination?
 
I would like to express my deepest appreciations to Tomiyama-san who devoted to clean the rock and removing tons of soil over the rock inside the cracks and the surface. And of course to Jinnai-san for his tremendous support in so many aspects.


 
Speaking about grade, I will write up in a separate post.

 


 
| - | 22:41 | comments(0) | このページのトップへ
その後
変わらず岩場通いが続いています。
レストの日も整備作業で岩場に入り、ほぼ毎日岩場にいる感じです。
「ホライゾン」完成の翌々日には新エリアでプロジェクトを初登しました。



この日は日中の暑さから逃れる為に日が落ちてから行動を開始。
完全に暗くなってからもなかなか気温が下がらず、ムーブを起こすのも辛い感じだったが、8時を過ぎると
流石に気温が下がり始め、ホールドの持ち感が良くなった。
数回のトライの後、核心を突破し登れるかに思えたがリップ取りで失敗。
あ、これはもう登れるなと軽くレストし、次のトライでまさかの同高度落ち。
その後なかなか落ちたポイントまで達せず、敗退の二文字が頭をよぎったが、最後の最後のトライでなんとか登れた。



コンディションがいまいちだったのもあるがハマりかけてヤバかった。
とにかく見た目もムーブも最高の素晴らしい課題だ。

課題名は「ストラトス」
グレードはV12/13 4段かな。

次は右奥の岩、これも凄い。





 
| - | 00:15 | comments(0) | このページのトップへ
ホライゾン

さて今回完成させた課題のグレードについてだが

正直良く解らない。

今まで登った中では最も難しかったのは確かで、それで言うなら16という事に

なるのだが、そもそも比較するサンプルが少な過ぎるので全く当てにならない。

比較対象となる15というグレードを良く理解するには少なくともそのグレードを50本くらいは登らないと理解出来そうもないが、自分が登った本数はそれに遠く及ばない。

だから今回の課題が15は確実だと仮定して考えてもそれが15のどこら辺りなのかは解らない。

ハイエンドなV15なのか15からはみ出して16に掛かかっているのか、自分には解らない。

16というグレードはもっと15というグレードが多くの人に身近になって初めて見えてくるのではないかと思う。

日本でも4段や5段がそうであったように。

だからこの課題のグレードが確定するにはもっと時間が掛かりそうだ。

もちろん国内のみならず海外の強力なクライマーにもトライして貰って意見を聞きたい。

まあ、本当はグレードなんてどうでもいい。

「なんかやたら難しくてかっこいい課題だ」「よし登ろう」「うーんなかなか出来ない」「出来たー嬉しいな!」

で、いいな。

それでいいし実際それだけだし。

クライミングにおける「グレード」には何か嫌な側面がある。

せっかくの素晴らしいクライミングや課題が無機質な数字のせいで台無しにされて

しまう事もある。

多くの人々の関心はそのクライミングの中身では無く、数字のゴシップなのも知っている。

だから本当はグレードにはかかわらずクライミングをしたい。

もし自分が登る事を生業としていなければそういう風に登っているだろう。

しかし勘違いしてもらったら困るのだが僕は「グレードなんて関係ないっすよ」的な斜に構えたかっこをつけたくてそう言っているのではない。

単に「グレード」というものが良く解らなくて考えるのがめんどくさいだけだ。

九州ツアーの前に自分のグレード感覚を確かめたくて既成課題を登ったりしたが、結果ますます解らなくなってしまったし。

まあ、「グレード」はもの凄く機械的に無機質に取り扱えばいいのだろう。

上がりもすれば下がりもする、単なる数字だ。

そんな事より、自分の限界を追及する、より凄いラインを初登したい。

その動機を大切にしたい。
 

今回登った課題の名前だが「ホライゾン」horizon とした。


グレードはとりあえず5段+〜 V15〜としておく。
 

| - | 10:10 | comments(1) | このページのトップへ
ついに!

何度も落とされた核心の振られが止まった。

右足を細かいエッジに、捉え切れず外れるが異常な程落ち着いている。

180度回転し両足をリップにフック。

もう半回転し、真っ暗で何も見えないテラスに這い上がった。

今回の九州ツアーは大谷にあるスープロこと「スーパープロジェクト」の完成を最大の目標にやって来た。

このプロジェクトはおよそ三年前、比叡山の新しいエリアに凄いルーフがあるとの情報を聞きつけ、ジンさんに案内してもらったのが最初の出会いだった。

とにかく衝撃的だった。

花崗岩でこのスケール、しかもホールドが続いている。

アクセスも最高で凄いプロジェクトに出会ってしまったと感動した。

まさにスーパープロジェクトだった。

しかし、いざトライしてみるとあまりの難しさに自分が登れるという確証を持つ事が出来ず、他にも素晴らしい未登の岩が沢山ある事もあってなかなか集中して登る事がなかった。

岩のコンディションにも悩まされた。

ルーフだがクラックを主体に構成されている為、雨が降ると時間差で染み出して来る。

何度トライしに行きフラれた事か。

それでも体調の良い日はムーブの練習と解明に出掛け、多くの時間をこのルーフに費やした。

そして去年のツアーでは短期間だが集中してトライし、中間部にあるレストポイントを起点に前半と後半に分けて登る事が出来た。

その後、アマテラスや他の主だったいくつかのプロジェクトを完成させ、精神的にも肉体的にもこのプロジェクトへ追い込んでいった。

自分の年齢的にもうあまり後がないかもしれない。

今年こそはこのプロジェクトにケリをつけたい。

そういう想いでの今ツアーだった。

昨日は朝から晴天で気温も高く、一昨日の雨のしみ出しが所々あったがなんとか乾いた。

それでも完全には乾かず、どうしてもしみ出す部分にはティッシュを詰めて対処し、トライ開始。

少し時間が空いたのと暑過ぎたからか核心のムーブが出来なくなっていてかなり焦った。

日中はムーブのおさらいに集中しようと割り切り、夕方まで待った。

夕方になると急に気温が下がり始め、コンディションが良くなってきた。

そして最初のトライ。

意外に上手く繋がって核心の振られで落ちた。

続く二回目、出だしから好調で核心に突入。

初めて振られを止めるも、右足の細かいエッジを捉え切れず落ちてしまった。

この時点で完登が近い事を確信、もっと気温が下がるのを待った。

暗くなってランタンをつけて三回目。

前半のパートで失敗。

レスト後の四回目。

若干の疲れを感じつつ繋げていくも核心に入る手前で落ちてしまった。

このトライで集中力が切れたように感じた。

体力的にもかなり消耗しているのを感じた。

明日から雨だしせっかく訪れたチャンスを逃してしまったのだと思った。

二回目のトライが思い出され、どうしてあの時こらえなかったのだろうと後悔した。

しかし、時間と共に気温は下がり続け状態はかなり良くなっている。

ダメでもトレーニングになるし明日から雨だし、もう一回やってみるかと考えたら急に気が楽になった。

とりあえずしばらくレスト。

いつもはあまり食べないのだが無理くり食べるとなんとなく元気になった気がした。

そしてこの日五回目のトライ。

足がデリケートなスタート付近を素早くこなしレストポイントへ。

レストポイントとは言え、短時間しかいれないので左右の手をワンシェイクずつ振った後後半に突入。

ここまでノーミス。

ここから急にムーブが悪くなってくる。

処理の難しい縦ホールドをトリッキーな足で処理し、その後足ブラが三手。


この後の三手が核心。

まず一手目のジャミングの左手は上手く持てた。

 

甘いポケットのアンダーを中継しかかりの良い右手、そして核心の振られ。

止まった! 二回目のトライで置けなかった足はまたも外すが落ち着いて乗せ直せた。

真っ暗なテラスの上で荒い息のままへたり込み、ついに登れたのだとはっきり認識するまでしばらくそうしていた。

岩の頂上まではまだスラブを5m程登らなければいけない。

ヘッドランプを上げてもらい恐ろしい、けれども幸福感に満たされた僅かな登りを楽しみ、大谷の岩の頂上に立った。

こうして生涯最難のクライミングは終了した。
 

これが登れるまでは、もし登れてしまったら燃え尽きてしまうのではないかと考えた事もあったが、そんな事は全然なくてすぐに次のプロジェクトの事が頭に浮かんだ。

それもいくつも。

結局、このプロジェクトも通過点の一つに過ぎなかったんではないかと考えられる自分はまだ若いのか。

はは。

そしてこのプロジェクトをトライするにあたり、岩の上の積もりに積もった土の除去、苔落としからクラックに詰まった泥落とし、その膨大な作業に尽力して下さったトミーさん、そして陣内さんに心から感謝します。



グレードとか生臭い話はまた後日。

課題名はまだ決まらず。。

| - | 03:19 | comments(2) | このページのトップへ
完成!!!
たった今スーパープロジェクト完成しました!!

詳しくは後程。

Just sent a super project!!
Details will be updated shortly....
| - | 21:34 | comments(0) | このページのトップへ
開拓〜プロジェクト〜開拓
天気が安定しない日々が続いています。
一昨日から二日間は天気が良く、新エリアで開拓、プロジェクトのトライが出来ました。
プロジェクトは多少の進展はあったものの気温が高すぎて繋げるのはかなり厳しそう。



とりあえずムーブの練習という感じです。
昨日は写真の岩の右側にある見栄えのするクラックをジンさんが初登、素晴らしい課題が完成しました。
project組のヤナさんも惜しい感じだったな。

この日は日が暮れてから大谷に移動して右面に設定したプロジェクトを完成させた。
カチからの一手がなかなか厳しい課題で思っていたよりも良い課題になった。
V10 3段ーくらいか。

スープロは相変わらず染み出しが酷い。
うーん。厳しいなあ、、、
 
| - | 01:39 | comments(0) | このページのトップへ
「雨雨雨〜新プロジェクト」

火曜日以降、悪天候続きです。

スープロは壊滅的状態でトライ出来ず。

仕方ないので新エリアで開拓しています。

まあ、ここにも凄いプロジェクトが沢山あるので、暇はしていません。

湿度が酷くてコンディションは悪いですが、なんとかトライは出来ています。

早く天気回復しないかな。

| - | 23:38 | comments(0) | このページのトップへ
...then best season. dai koyamada's short movie 2015 kyushu part2 Hiei
2015年ショートムービーシリーズ、早くも第2弾です!
このムービーシリーズは、小山田大の開拓初登した膨大な課題の中から、グレードに拘らず厳選した作品集です。

素晴らしい課題の数々をお楽しみ下さい!

Now we have second one!
This series of short movie features selected problems with wide range of grade which Dai developed and made FAs. 

Enjoy!!


...then best season. dai koyamada's short movie 2015 kyushu part2 Hiei from project_daihold on Vimeo.

| - | 00:18 | comments(0) | このページのトップへ