小山田大のクライミング日記
Profile
Search this site.
Others
九州ツアー終了
昨日九州ツアーを終えて横浜に帰ってきました。
今回は結構長かった。

ツアー前半の10日間はアシマちゃんの接待クライミングだったので実質一か月くらい。
でも滞在期間の7割は作業で、残り3割が純粋な登りという感じでした。
あまりの作業の多さに時折何をやりに九州まで来ているのか疑問に感じることもありました。
しかし、次々に現れる未開の岩を登るという欲求には逆らえず、レストの日に作業をし、登れる状態にしてから次の日に登るという毎日の繰り返しでした。
当然のごとく疲れは溜まる一方でしたが、日に日に拡大していくエリアと増えていく課題に充足感を感じました。



やはり僕は、登るという行為で同じように時間とエネルギーを消費するならば、単に記録を作るだけでなく、未開の岩を開拓し課題という目に見える物を残していく事に情熱を感じます。
 
そういう意味ならばここ比叡山は魅力的な未開の岩がまだまだ残されています。
また近いうちに戻ってこようと考えています。
 
九州最後の日は実家のある鹿児島に戻り、家から近い藺牟田池で登りました。
随分昔にボルトを打ってそのままになっていたプロジェクトを一本完成させました。
いいルートでした。
 

 
たまにはルートもいいな。
ここにはまだプロジェクトがあるのでまたここにも来なきゃ。
 
やりたい事がありすぎます。
| - | 23:04 | comments(0) | このページのトップへ
完成

朝から快晴、風もあって良い感じ。

開拓エリアへ。

岩場に着いてプロジェクトの様子見。

昨日の結露はよほど酷かったのか、若干湿り気味。

風もあるし、ほっとけば乾くだろうとアップへ。

アップをすませ帰ってくるとだいぶ乾いていた。

とりあえずムーブのおさらいをし、レスト。

夕方になると風も強まり、気温も下がった。

そして最初のトライ。

上手く下部の核心をこなし、後半へ。

先日最後のムーブで落ちてしまったので集中してムーブをこなし、登る事が出来た。

 



 

課題名は「カルト」

グレードはV13/14くらいか?

 

とりあえず現時点このエリアの最難課題だと思う。

岩の弱点とホールドの流れを自然に追える良い課題だ。

 

この後は日向エリアにみんなで移動していくつかのプロジェクトを設定したり

ジンさん達が初登した課題を登って終了。

 

 

天気も良く、いい一日だった。

| - | 02:19 | comments(1) | このページのトップへ
とんでもない

二日間まとまった雨が降り、昨晩から回復。

ダメ元で岩場に行くも、やはりどの岩もびしゃびしゃ。

気温が急に上がったからか被った壁は激しく結露していた。

気持ちを切り替え、岩探しと作業に出かけた。

そしてとんでもないエリアを発見!

凄い岩がゴロゴロしている。


 



 

今日は軽く岩の周りのブッシュを刈ってきた。

そしてさらに同じような規模のエリアが少なくとも五つ程存在しているのを確認した。

凄いのはどの岩にもホールドがあり、ラインが見い出せる事だ。

これらが開拓され公開されるにはどれ程の時間とエネルギーが必要なのか見当もつかない。

 

自分のライフワークになりそうだ。


 

| - | 23:45 | comments(1) | このページのトップへ
あと少し
昨日は朝からどんよりと曇り空、気温も先日に比べだいぶ上がった。
開拓エリアへ。

上部エリアでアップがてら一本初登した後、プロジェクト。
個々のムーブ練習して、下から繫げ。
日がある内に登りたかったのだが、下部核心がなかなかうまく繋がらない。

日が暮れるとさすがに気温も下がりはじめ、3度くらいになった。
 



ランタンをつけてトライを続け、ついに核心を超えて上部に至るも最後のムーブで失敗してしまった。
その後レストし、もう一回トライしたが下部を越えられず、指皮が限界になり終了。
この日は悔やまれたが、もう少しで完成しそうだ。
この先天候が悪くなるようだ。
良く休みたい。
 

 
| - | 00:24 | comments(0) | このページのトップへ
極寒

朝起きると晴れていたので登りに出掛けた。

岩場はまだ雪が結構残っていて強烈に寒い。



リップから上に雪が積もっていて登れない岩もあるが、雪が無い部分は完全にドライ。

簡単な課題でアップするがすぐに手足の感覚が無くなってしまう。

帰るか作業するに切り替えるか迷ったが、岩の状態は悪くないので登る事にした。

まず薄かぶりにカチが続くラインをトライした。

 


ムーブをちょっとやってから繫げて2回目で完登。

高さもあるし凄く良い課題だった。

2〜3段くらいか。

課題名は「雪椿」

 

体が動くようになってきたのでプロジェクトへ。

今日は大きな進展があった。

もしかしたら狙っていけるかもしれない。

 

夕方になるとまた雪が降りだし、気温もさらに下がってきた。

ルーフカンテのプロジェクトへ。

 


これは右足のフックが核心だった。

V10 3段―くらいかな。

実質2手のボルダーらしい好課題だった。

 

今日は本当に寒かった。
| - | 01:33 | comments(0) | このページのトップへ
隣人
DSC_1617.JPG
いつから住み着いたのか、庭のボルダー基部の小さな穴に猫が2匹。
兄弟なのかいつも一緒にいる。

寒かろうと風よけを作り、穴の中にタオルを入れてやった。

外の気温は現在マイナス6度。

穴の中にカイロを入れておいた。

少しは暖かかいかな?


| - | 02:19 | comments(0) | このページのトップへ
雪中行軍

最強寒波到来で比叡も一転して雪国になってしまいました。

 

あまりの寒さと吹雪にちょっと迷いましたが、開拓エリアへ作業しに行ってきました。

岩場の気温はマイナス5度くらい。


動いていないと凍えるので作業がはかどりました。

過酷でしたが、どうしてもやりたい岩の周辺整備が今日出来て良かった。



 

明日はもっと気温がさがるみたい。

どうなることやら。

| - | 01:19 | comments(0) | このページのトップへ
寒雷

朝から晴天。

 

開拓エリアへ。

昨日整備しておいた岩を登った。

最初に5本初登。

 

 

整備に4日かけて、登ったのは1時間も無かった。

まあいつもの事だ、そして良い課題が出来て満足。

 

その後いつものプロジェクトをトライし、いつものように敗退して、上部エリアへ移動。

 

同じく昨日掃除しておいたラインをトライした。

 

 

3段くらいか、素晴らしい課題だった。

 

課題名は「寒雷」

 

最後にいくつかプロジェクトをトライして終了。

 

明日からまた寒くなるようだ。

| - | 02:36 | comments(0) | このページのトップへ
サージ

昨晩はあまりの暴風に何度か目が覚めた。

時折雪も降っていたので今日もダメかと思っていたが、朝起きると青い空。

あれほど酷かった風も止んだ。

モチベーション高く岩場へ向かう。

気温は二度くらいか、日陰はバリバリに凍っているが日なたはもう雪が解け始めていた。

軽くアップした後、昨日掃除したカンテラインをトライ。

出だしのランジが核心で、後は高いフェースからマントルへと続く好課題だった。
 

次に波状前傾壁のプロジェクトへ。

顕著なガバポケットでスタートしてポケットを辿る素晴らしいラインだ。

左手のダレたポケットから浅い二本指を取るのが核心。

 


数回のトライの後、完登出来た。

V12くらいか。

課題名は「サージ」

三ツ星!

 

その後何本かプロジェクトをトライし、最後に既成課題を数本登って終了。

 

 

青い空に冷たく乾いた空気、良い一日だった。

| - | 01:03 | comments(0) | このページのトップへ
吹雪

昨晩から猛烈に吹雪いた。

朝、家の周りの積雪は思っていた程大した事は無かった。

しかし開拓エリアは標高が高い為か結構な積雪があった。

 

被っている面は乾いているがリップは濡れ、気温も氷点下。

登るのは諦め、作業に徹した。

 

ロープを張り苔落としをやったが、苔が凍っていてなかなか落ちない。

いつもよりだいぶ時間が掛かった。


 

その後、時折吹雪く中、夕方まで作業し撤収した。



 

明日はどうだろうか?

 

これを書いている今も風の音が凄いが。。。

 

| - | 01:29 | comments(0) | このページのトップへ