小山田大のクライミング日記
Profile
Search this site.
Others
<< 指 | main | ボルダーの日 >>
New orleans heavyweight Division
今日も朝から快晴。 今日こそはと意気込んで岩場に向かう。

途中、道路の日陰部分は雨が降ったわけでもないのに酷く濡れていて嫌な予感。
岩場に着いて見上げると濡れてはいるが、以前見た時よりはましに見えた。
となりの岩でアップするが結露がひどく、10台で落ちそうになった。

今日の目標は「New orleans heavyweight division」8C

なんだかやたらに長い名前だけど、ルートは短くて12メートル程。
下部の簡単なスラブを登った後に出てくる4手のV11のボルダーが核心でその後は12d位。

ムーブはすぐできたが、結露でホールドはしけしけ、というか終了点付近は完全にびしょびしょ。
午前中から午後にかけて気温が上がってくると結露が酷くなるのは解っていたので、時間との勝負になった。

一回トライしてホールドを拭いて濡れる前に素早く登る作戦で、3回目のトライで下部の核心をこなし、後は突然スリップしそうな濡れたスタンスに緊張しつつ、登り切った。

時間に追われるクライミングはストレスフルだ。
でも登りたい一本だったから嬉しかった。

その後ポッテンのもう一本予定していたルートを見に行ったが、目も当てられないような状態だった。

以前イタリア人から聞いていたエリアが気になったので少し遠出になるが行ってみる事にした。
ポッテンから40分程で到着。 初めての岩場は新鮮な気分。
驚いた事にからからに乾いていて快適に登れた。
ここでは「Back to nature」8b+をトライして、ムーブを全部ばらして終了。

登れるエリアが見つかって良かった。

この岩場がある村にはネコがいっぱい。


ドイツのねこは足が短くて全体的に丸くてかわいい。



| - | 06:43 | comments(0) | このページのトップへ
コメントする