小山田大のクライミング日記
Profile
Search this site.
Others
<< Der mit dem fels tanzt | main | Delusion project >>
Der mit dem fels tanzt (dance with the rock)
 今日、トライしていた「Der mit dem fels tanzt」8C/V15の第2登に成功しました!

一昨日から急に天候が崩れ始め、予報では日曜日は雪。
今朝起きた時に窓から外を眺めると、空はどんよりとしていて裏山は雪で真っ白。
そしてもの凄く寒い。つい2日前は20度以上あったのに、、、
ここよりも標高の高いキロニコは積雪で登れないだろう。
起きて早々にレストする事を考えたが、もしかしたら岩場は登れる状態かもしれないとダメ元で岩場に行く事にした。
キロニコに近づくに連れ道路が乾いていくのに気が付いた。
これはもしかしたらと期待して岩場へ。

果たして岩場には雪など微塵も無く、岩はからからに乾いていた!
むしろスイスに来てから一番良い状態で俄然モチベーションが上がった。
急いでアップを済ませ、エリア101へ。

着いてすぐに課題の状態をチェック。 
かなり良い状態な事を確認して、アップの仕上げに軽くムーブをやった。
気温がいつもより低いので指の温度を下げ過ぎないように軽く運動しながらレスト。
低温時にトライするチョークアップが出来ない長目のハードな課題では指の温度調整が難しい。
温め過ぎてもヌメるし、冷やしすぎても感覚が無くなってしまう。
課題の質や手数でも変わってくるので微妙な体温調整が必要になる。

指が程よく冷えた頃、最後の仕上げに軽く指を温めて最初のトライ。
出だしの3手がムーブ的には一番ハードだが、この時はよほど気合いが入っていたのか自分でも驚く程スムーズに繋がり後半のパートへ。
リップ手前、ニーバーから左足ヒール、左手をランジ気味に出す核心前でパンプを感じたが気合いでリップを止めて、最後の悪いマントルも無事にこなし後は易しいスラブを登り、頂上に立った。

この課題は友人のマーチンケラーが百日間以上という執念のトライで完成させたラインだ。
彼がトライしている時に何回か立ち会ったりもした。

登り終えて岩の頂上に立った時、彼がこのラインに注いだ情熱を感じる事が出来たような気がした。



















| - | 05:31 | comments(0) | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック