小山田大のクライミング日記
Profile
Search this site.
Others
<< 帰国 | main | 久々 >>
ヴィンガ

この度、クライミングシューズ専用ソールクリーナー「ヴィンガ」の提供を受ける事になりました。

 

 

「ヴィンガ」開発者の荒井氏は元バイクのレーサーだったそうです。

モータースポーツの世界はゴム(タイヤ)のグリップに関してはクライミングよりもシビアな世界です。

そんな彼がクライミングを始めて驚いたのがクライマーのクライミングシューズのメンテナンスに関する無頓着さだったとか。

もっとソールを良い状態で保てれば靴のパフォーマンスを最大限発揮できるのではないだろうか?

良いソールクリーナーがあったら良いのではないだろうか?

その疑問に答えるべく大手のケミカル会社と共同で開発を開始、およそ二年間の開発期間を経て「ヴィンガ」が完成しました。

 

 

この商品の特徴は、ソールのクリーニングに伴いグリップ力を向上させるだけでなく、ゴムの寿命も伸ばせるという事です。

ソールは長期間靴を使用する事でエッジが丸くなるだけでなく、ゴム自体も劣化します。

靴をしまう前に「ヴィンガ」を使用する事で愛着のある靴を長く使う事ができるはずです。

 

さて、ここからは僕のレビューです。

 

使用方法ですが、付属している専用スポンジに「ヴィンガ」を適量スプレーします。

スプレー式なので手を汚さず簡単にできます。

次に「ヴィンガ」を塗布したスポンジで軽くこするようにソールを拭きます。

これだけで驚くほどソールが綺麗になります。

クリーニング直後は指で触ってみるだけでクリーニング前と後の違いがはっきり解るほどソールがリフレッシュされます。

 

実際に登ってみた感じですが、クリーニング直後は確かにグリップが上がっている感じがします。

特に磨かれてツルツルになっているホールドに対して顕著に違いを感じました。

石灰岩やチャートの磨かれたフットホールドにも効果が期待できそうです。

 

僕は今までソールの新しい面を出すのに、紙やすりやワイヤーブラシを使っていました。

それだと新しい面を露出させる事は出来るのですが、ソールがどんどん薄くなってしまいます。

これからはソールを削る事なくシューズをリフレッシュする事が出来そうです。

 

そして何よりも大事な事ですが、自分が使う道具に対して意識の向上になると思います。

ボルダリングの場合、登る事に使う道具は靴とチョークだけです。

道具に対する意識を少しでも上げる事で登りが劇的に変わるかもしれません。

 

ソールクリーナー「ヴィンガ」興味のある方は是非使ってみてください。

http://www.vingajp.com/

 

プロジェクトでも販売しています。

| - | 17:10 | comments(0) | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック