小山田大のクライミング日記
Profile
Search this site.
Others
<< ボルダリングライフ道場 | main | 新エリア〜下呂 >>
下呂〜新しいエリア〜下呂

姫路でのイベントの翌日、疲れていたが下呂へ。
体の調子次第では整備だけでもと思っていたのだが、夕方になると体も動き始め、気温も下がりコンデションが良くなってきた事もあり、結局登る事にした。
まずは先日初登した「アプニア」の直上から。
本来なら最初にトライすべき自然なラインなのだが、前回は上部が濡れていてトライ出来なかった。
解決済の下部が核心なのでこれはすぐに登れた。
「アップニア」2段くらいか。

 

次に右のカンテ。
これは1級くらいかな。

 

暗くなってからメインのルーフプロジェクトへ。
前回出来なかった中継取りの解決を目標にトライ開始。
意外な事にすぐに解決。


足を下げたのが良かったみたいだ。
もしかしたら核心の2手が繋がるかもとトライを続けるが、繋がらず。
うーん。難しい。
ごまかしの効かない真向勝負系でやっていてホントに楽しい。
素晴らしいプロジェクトだ。
この日は結局、遅くまで全開で登って終了。

 

昨日は再び下呂へ。
三日目で体はバキバキ。
まずは新しい岩場の偵察へ。
地元の方から岩のある山を見つけたので一度見て貰えないか?と、依頼があった。
下呂の中心部から30分程で到着。
わくわくしながら山に入る。
そしたら、あるわあるわ、ゴロゴロと良さげな岩が転がっている。
興奮しながら山の中を2時間程歩き回った。
昨日ざっと見ただけでも良いのがいくつもあったが、その中でも下の写真の岩は圧巻だった。


またまた凄いのを見つけてしまった。
標高の高い場所なのでもしかしたら整備だけなら真夏でも可能かもしれない。

 

夕方からは登り。
三日目だし今日はダメだろうとアップから。
するとなんだが体が動く感じがした。
これはと移動し、前から気になっていたスチルパーマの岩へ。
既存課題である「スチルパーマ」2〜3段のスタートの下には顕著なガバの水平クラックがあり、完全版であるロースタートの可能性が以前から指摘されていた。
まずはプロジェクトの後半にあたる「スチルパーマ」から登る事にした。
とりあえず登って、オリジナルの下部のトライを開始。
が、難しい、色々と試しているとスギさんハタノさんが到着、その後イマイさんも来て一気に賑やかになった。
問題の下部はあれやこれや試している内になんだか解決。
下から繫げてスチルのスタートまでは繋がったので、ダメ元で下から繫げを開始。
すると数回のトライののち、下から繋がってしまい、完登する事が出来た。

 

クライミング三日目で体は疲れているはずなのに、なんだか解らないが良く体が動いた。
未だに体の調子のリズムやサイクルには謎が多い。
何はともあれ、この完全版はほんとに素晴らしい課題だ。
絶妙なホールドの配置感とムーブで、下呂を代表する課題の1本ではなかろうか。
課題名は「パーマネント・グリーン」グレードはV13 4段+かな。
ここを最初に見つけ、開拓した方々に感謝したい。

 

この後はみんなで周辺の岩を登り、下呂最小の1級を作ったりと盛り上がり、気が付いたら12時を回っていた。

 

みんな元気だなあ。

| - | 16:37 | comments(0) | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック