小山田大のクライミング日記
Profile
Search this site.
Others
<< 前に | main | 流転V12/13 >>
下呂のチッピングの件について

下呂でのチップの件に関してです。

この件はやはりというか反響が大きく、SNSやクライミング考察サイト等でも取り上げられているようです。

しかし中には誤った情報やそれを基にした憶測が一人歩きしているようなので、もう少し詳細な情報を公開した方が良いと考えました。

 

まず1の写真です。

これは「あうん」2段のスタートホールドがあった場所の写真です。

幅20センチ程のインカットした両手で持てるカチがありました。

このホールドは浮いていて欠ける可能性があったのも事実です。

しかしこの課題は何回も登りましたが、欠けるようなホールドの挙動は見られませんでした。

また欠けたホールドはどこにも落ちていませんでした。

元ホールドがあった場所にはガスのカチが僅かに残っているので再登は不可能ではないかもしれません。

 

続いて△亮命燭任后縦横10センチほどあったスローパーピンチがごっそり無くなっています。

これは欠けるような兆候は無かったホールドです。

このホールドで一番影響を受けるのが「アンクルサム」4段です。

ムーブによっては不可能になったと思います。

しかし新たに発見したムーブならば問題なく登れ、グレードにはそれほど変化は無いように思います。

那由多ではほとんど使わなかったホールドですが欠けた部分が足になってしまうかもしれません。

 

続いての写真です。

那由多に大きく影響するホールドです。

何も無かった部分に大きなホールドが出現しています。

場所的にはスタートして2手目と3手目の間です。

 

 

い亮命燭任后

これは欠けた部分は5センチ程と今回変化した中では一番小さいものです。

那由多中間部から先のトラバース部分にカチが出現しました。

この部分にはカタカタと動く小さい欠けが挟まっていたのを覚えています。

道具でこじると取れそうでしたがホールドが出現してしまうので触らないでいました。

自然に取れる事はないと思います。


写真イ任后

欠けの規模としては一番大きく30センチ以上あります。

ここの部分は特に使っていたホールドは無く、また新たに出現したホールドもありません。

ホールドの出現を望んで壊したが失敗したという感じでしょうか。

 

以上、現状です。

「あうん」「アンクルサム」を除き他の課題に関しては「那由多」含め、オリジナルのホールドは破壊されていません。

簡単に言うと新たにホールドが増やされたという感じです。

「那由多」「涅槃奈」に関しては新たに出現したホールドを限定すればほぼオリジナルの状態で登る事は出来ます。

決して気持ちが良いというわけではありませんが、、、

オリジナルが消失したことには変わりませんし。

前にも書きましたが嫌がらせや登らせたくないという事ならば課題中の重要なホールドを攻撃するはずですが、それは見られません。

とにかく剥がせるとこをのきなみ剥がしてホールドの出現を望んだという印象を受けます。

簡単にしたいという意思からなのか良くわかりませんが、既成課題の破壊は本当に止めてもらいたい。

これを書いていてまた腹がたってきた。

 

| - | 16:43 | comments(0) | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック